COLUMN

【イロハニアート】ファインアートとは?
応用芸術との違いと言葉の意味を解説

アートをもっと自由に、もっとたくさんの人に楽しんでもらいたい、という想いから生まれたメディア『イロハニアート』。

今回はイロハニアートから、聞いたことはあるけれど意外と知らない
「ファインアート」という言葉について解説したコラムをご紹介いたします。

ファインアートとは? 応用芸術との違いと言葉の意味を解説

芸術に関する文章の中に、「ファインアート」という言葉を見つけたことはありませんか? 実はこの言葉は定義がはっきりしておらず、使う人によって微妙に意味が変わることもあります。

Txllxt TxllxT, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

「『ファインアート』ってよく聞くけど、実際どういう意味?」という疑問を抱えている人も多いはず。この記事では、ファインアートという言葉の意味と、応用芸術との違いを紹介します。

「ファインアート」=「純粋芸術」

National Gallery of Art, CC0, via Wikimedia Commons

ファインアートは日本語では一般的に、「純粋芸術」と訳されます。平たく言うと、ファインアートは「美しい以外にとくに役に立たない芸術」を指します。ファインアートという言葉が生まれたのは18世紀後半のヨーロッパで、応用芸術を純粋芸術(ファインアート)から区別するためでした。

反対に、応用芸術とは、純粋な芸術性の他に実用的な側面をともなう芸術を指します。一方で、ファインアートは「美的・知的な目的のために創作されたもの」で、芸術の制作そのものが目的になっている点が特徴です。

「ファインアート」の目的はアートそのものの表現活動であるため、それ以外一切の実用的な機能を持ちません。

「ファインアート」と応用芸術の違い

Auckland Museum, CC BY 4.0, via Wikimedia Commons

ファインアートと応用芸術の最大の違いは「芸術表現以外の目的の有無」と言えます。

たとえば、装飾がほどこされた美しいティーポットがあるとします。ティーポットがお茶を飲むための機能を維持している限り、これは応用芸術(装飾芸術)に分類されます。

一方、その作品がティーポットの形をしていても、中にお湯をいれたり注ぎ口があったりするような実用的な側面がなければ、純粋芸術と分類されるでしょう。ルネッサンス期においては、機能性の保証や使い勝手の良い形など実用性の「制約」を受けないことが芸術の理想とされていました。

ものや空間を装飾する目的のある芸術は、一般的に応用芸術に分類されます。しかしこれは、応用芸術におけるアートの質が低いという意味ではありません。単に、作品作りの出発点がファインアートと応用芸術では異なるということです。

ファインアート:芸術表現の欲求→作品制作
応用芸術:実用的なものの制作→装飾の決定

そのため、この区別は芸術の質の良し悪しを基準にしているわけでなく、伝統的な西洋的な規範に則った定義ということに注意しましょう。

「ファインアート」という言葉の使い方

Emartistak, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

ここまで、西洋的な概念としての「ファインアート」の定義を紹介してきました。しかし、現代ではこれらの区別にはあまり意味がなくなっています。

とくに現代アートにおいては、どんな手段で表現されるかは重要ではなく、表現者の意図やコンセプトが重視されています。そのため実用性をともなう側面が作品にあったとしても、「ファインアート」に分類されることもあります。

ややこしいですが、「ファインアート」という言葉を見かけた際は、ある程度柔軟に解釈する必要があるかもしれません。この記事が定義を理解する助けになれば幸いです。

いかがでしたか?

アート初心者の方でもわかりやすい内容で、より一層アートへの興味が深まったのではないでしょうか。

アートをもっと自由に、もっとたくさんの人に楽しんでもらいたい、という想いから生まれたメディア『イロハニアート』。

イロハニアートではアートに関するコラムがたくさん!
ぜひ見てみてくださいね♪


▼イロハニアートはこちらから

イロハニアート


▼ランドマークプラザ MAP

▼伊勢丹立川店 MAP

▼グランドニッコー東京ベイ 舞浜 MAP


【メールでのお問い合わせはこちらから】
※クリックするとメールが開きます
※キャリアメールをお使いの方は「info@oceanday.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願い致します。


※在庫は日々変動致しますので、在庫状況はお問い合わせくださいませ。

«
»

春の訪れをアートで感じる!
花が描かれたアート~ロザリー プルッシング~

皆さま、こんにちは!ocean Dayでございます。 寒い日々が続き急に雪が降ったりと、まだまだ冬の真っ只中のように感じてしまいますが、暦上では立春を迎え、そろそろ春の気配を感じる瞬間も増えてきそうです! …

【後編】海のアートで
かけがえのないバレンタインを!

皆さま、こんにちは!海のアートギャラリーocean Dayでございます。 前回コラムにてバレンタインのプレゼントにぴったりなアートをご紹介いたしました。今回はその後編でございます。 【前編はこちらから!…

【前編】海のアートで
かけがえのないバレンタインを!

皆さま、こんにちは!ocean Dayでございます。 2024年、早くも2月を迎えましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。2月のイベントと言えば…バレンタイン! 近年ではお正月を過ぎたころから街中にバレンタイ…

暗い夜も優しく照らしてくれる、
”月”が描かれたアート達

皆さま、こんにちは!ocean Day 横浜店でございます。 2024年が始まり、早くも1ヵ月が過ぎようとしていますね。 まだまだ寒い日が続きますが、冬は空気も澄んで”月”や”星”が特によく見える季節です。 今…

新年を明るく照らし出す、
太陽にちなんだアート達

皆さま、新年明けましておめでとうございます!ocean Day横浜店でございます。 新しい年を迎え、新たにチャレンジしたいことなど、何かしら目標を掲げた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ocean Dayではそ…

海のアート福袋!
~ocean Day HAPPY BAG 2024~

皆さま、こんにちは!今回は2024年に販売する福袋のご案内でございます。毎年大好評なocean Dayの福袋、2024年はどのような内容になるのでしょうか👀 アートの福袋!ocean Day HAPPY BAG 『ocean Day HAPPY B…

【クリスマス】プレゼントにもおすすめ
ハワイのアート雑貨

皆さま、こんにちは!ocean Day 横浜店でございます。 もうすぐ待ちに待ったクリスマスですね☆クリスマプレゼントを何にするか、もう決められましたか?大切な人へのプレゼントや、自分へのプレゼント。今回は…

ホームパーティーに
アートの華を添えてみませんか

皆さま、こんにちは!ocean Day横浜店でございます。 いよいよ12月が始まり、皆さま慌ただしくも心躍る日々をお過ごしかと思います。年末年始はイベントも盛りだくさん!今年はマスクなどの規制も緩和され、ご…

【クリスマス】プレゼントにおすすめ
ハワイのアート

皆さま、こんにちは!ocean Day 横浜店でございます。 もうすぐ待ちに待ったクリスマスですね!大切な人とお出かけをしたり、プレゼント交換をしたり。。街中もキラキラと煌めき、筆者も気分が上がってしまいま…